保険っている?いらない?

ご予約・お問い合わせ

【山科】生命保険の選び方|エムワイエムカンパニー

【山科】生命保険の選び方|エムワイエムカンパニー

2021/05/04

選ぶ基準

まずは、どんな保障が必要なのかを考えます。

亡くなられた時、ご遺族のために

病気やケガで入院や手術をした時のために

ガンになった時のために

介護状態になった時のために

認知症になった時のために

あとは、老後の資金のために

以外と、保険って生活の中に必要なものではないでしょうか。

以前、ブログで生命保険は、基本的に3つの形だということをお話ししましたが、

その基本形をおもに主契約と言います。

主契約は一つで、そこにいくつかの「特約」というものを付けられます。

特約を付けることによって、保障は充実していきます。

何が主契約となるかは、保険種類によって異なります。

それは、死亡保障や医療保障、ガン保障であったりします。

それぞれに、付けられる特約が決まっているので

その中から特約を選びます。

特約というのは、基本的に付けたり外したりできます。

が、保険によっては制限がありますので、ご確認ください。

特約は、選べますので必要かどうかを考えてから付加しましょう。

保険を勧められた場合は、中には「いらないかも」という特約が付いているかもしれないので、ご注意ください。

重要なこと

保障期間と払込期間

その保険の保障がいつまでなのか。10年間か、20年間か、それとも生涯なのか。

これも大切なことです。期間の定められたものであれば、いつか終わります。

その度に、更新しなければいけませんし、そして保険料も上がっていきます。

ご加入の際には、終身保障なのか、期間の定められたものなのかをしっかり確認しましょう。

 

保障を維持するために、いつまで保険料を払うのか。

というのも、大切なポイントです。

高額な保険料を老後になっても払い続けなければいけない保険は、負担が大きくなります。

老後では、なるべく保険料を払わなくてもいいように、お若い方へは、なるべく短期払いをお薦めします。

やはり、保障内容も大切ですが、生活の負担にならないくらいの保険料にするべきでしょう。

まだ若いから、病気しないから、貯金があるから、保険が嫌いだから、など保険に加入しない理由はいろいろあると思います。

ですが、保険が必要になることは、突然訪れます。そうなってからではお役に立つことができません。

大きな保障を持たなくても大丈夫です。少しの安心だけでもお持ちいただきたいと思っています。

本当に必要な保障をお持ちいただけるよう、エムワイエムカンパニーでは保険のご相談をお受けしています。

一度、お気軽にご相談ください。

電話またはホームページ内のご予約・お問い合わせフォーム、インスタグラム、facebookより受け付けています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。